ラミクタールの画像

ラミクタールというてんかん治療薬をご存知ですか?てんかん発作は合併症にも注意が必要です。病院でお薬の処方を受けている方は同様の効果を示すジェネリック医薬品なども経済的です。現在はインターネットの個人輸入も可能な商品があります。

てんかんはうつる事はない、生活上のラミクタール利用

てんかんがうつる、ということはありません。
てんかんは脳の電気信号がなんらかの影響で異常になってしまう病気で、稀に遺伝によって親と子どもが同じ症状を発症することはありますが、それも一部の病態でしか遺伝しないと言われています。
てんかんは社会生活上、何かと偏見を持たれがちですが、この誤解をなくすことが必要です。最近では、てんかん持ちの人が仕事や社会生活には問題がないということを世の中に伝える活動も行われています。
ニュースでてんかんを持っている人が事故を起こしたなどと報道されると、やはり危険なのではと攻撃されることもありますが、正しい知識を持って接していくことが大切です。
てんかんの治療薬として比較的新しいのは、ラミクタールです。
ラミクタールは部分発作をはじめとして、様々なタイプの症状に有効とされています。子どもに多い欠伸発作、難治性と言われるレノックス・ガストー症候群、などの症状を抑える効果が期待できます。
てんかんはひとつの原因が起こる単一性疾患ではなく、複数の要因が原因で起こる疾患です。そのため、ラミクタールだけを使うよりも、他の治療薬や食事療法と組み合わせた方が治療効果が高くなることもあります。
ラミクタールは単独で使われることもありますが、他の標準薬で十分な効果が得られなかった場合に併用されることも多い薬です。
副作用として報告されているのは、重度のものでは皮膚障害があります。もし発疹、発赤、口内炎、などの皮膚や粘膜の異常があらわれたら、服薬を中断して医師に相談しましょう。
ラミクタールはネット通販でも販売されていますが、医師の診察を受けないで自己判断で使ってしまうと危険なので、まずは診察を受けておくようにしましょう。